姫路展示場ブログ

2019.03.30

家づくりのポイント、 風通しの良いお家にするための窓計画

街なかモデルハウス・姫路展示場で、

 

“実際の暮らし”をイメージしたお家で、

 

ご家族と一緒に家づくりのお話ししませんか?

 

 

家づくりのポイント、

 

自然に風が通る、

 

風通しの良いお家にするための窓計画

 

 

「風通しのよいお家」と聞くと、

 

省エネや冷暖房費の節約が出来そうだなと思ったり、

 

何よりもからだに優しい健康で心地よい暮らしを想像しますよね。

 

では、どうすれば

 

「風通しの良いお家」になるのか。

 

それを考えるには、まず風の流れや、それを利用する窓の配置や

 

窓の選び方を知る必要があります。

 

そんな風通しの良いお家するための窓のお話しです。

 

 

ポイント.窓は1部屋に2つが基本!

 

部屋の中に、「風が入ってくる窓」と

 

「風が抜けていく窓」を配置することが、

 

風通しの良い、風が流れる空間をつくります。

 

IMG_5947-1

寝室など換気が上手できることで換気しやくなります

 

 

 

ポイント.2 風をキャッチ!片開き窓を上手に使う!

 

「縦すべり窓」は、開けた窓ガラスが

 

風を捕まえる役割になり、

 

本来は家の外側を通り抜けるだけだった風を

 

家の中に取り込んでくれる役割をしてくれます。

 

IMG_4751-1

 

正面からの風であれば、

 

掃き出し窓でよく見る「引違い窓」でも風は入りますが、

 

正面以外の風を取り込もうとすると

 

引違い窓では、風をうまく取り込めず、縦すべり窓の方が有効です。

 

 

 

ポイント.3「風の通り方」を読みとる

 

風の流れは季節によって変わります。

 

なので、窓を多くしたりするだけでは、

 

「風通しのよいお家」は実現しません。

 

丸尾建築では、建築される土地に足を運び、

 

その場所は、どこから風が吹き、

 

どの時間帯にどこから光が差し込むかまでを、

 

気象庁が出したデータをもとに調査しています。

 

姫路 気象情報

姫路市内の気象庁のデータ

 

*******************************

 

工務店さんやハウスメーカーさんよって

 

さまざまな換気システムや、

 

換気設備を提案されていますが、

 

やはり自然の風には、

 

自然の風にしかない心地よさがありますよね。

 

その土地にあった自然のチカラを活かした

 

お家づくりをしませんか?

 

 

▶施工事例Instagramで見る←crick

 

 

▶ご来場問い合わせ・資料請求は

こちらまで(←crick)

 

▶つづき、

家づくりのポイント、

使い勝手のよいお家にするには、室内ドアの選びから。

引き戸が便利?開き戸が便利?

 

 

 

~ 姫路市で注文住宅を建てるなら、


地域NO.1実績1200棟の「丸尾建築へ」 ~