姫路展示場ブログ

2019.04.06

家づくりのポイント、 使い勝手のよいお家にするには、室内ドアの選びから。 引き戸が便利?開き戸が便利?

街なかモデルハウス・姫路展示場で、

“実際の暮らし”をイメージしたお家で、

ご家族と一緒に家づくりのお話ししませんか?

 

家づくりのポイント、

使い勝手のよいお家にするには、室内ドアの選びから。

引き戸が便利?開き戸が便利?

 

お家の間取りを決めるときに

何気なく見ているお部屋のドア。

何気なく、引き戸、開き戸を決めていませんか?

毎日開け閉めするドアなので、

使いやすく、その場所にあった、

住む人の暮らしにあった仕様に

していきたいですよね。

そこで、引き戸とドアのメリットと

デメリットを見ながら、

どこにどんな扉を付ければ良いのかのお話しです。

 

★引き戸のメリット

最近では,「引き戸」派の方が多くいらっしゃいます。

引き戸は開けっ放しにできるので

引き戸を上手に使うことで、

1つの大きな空間にすることも。

そうすることで、視線も抜けて、

視覚的にも広く感じます。

また、個室として使用したいときは、

引き戸を閉め切ると個室としてなど、

風を通したいなど

開き具合で調整することができるのがメリットです。

 

閉めているとき

IMG_1934-1

 

開けているとき

IMG_2637-1

リビング+和室の間取りの場合は、引き戸が効果的です。

 

■引き戸のデメリット

戸を引き込むスペースが必要になるので、

設置できる場所が限られてしまいます。

そのため、コンセントやスイッチなどの設置が

出来なくなるので、あらかじめ引き戸として

設計してもらう必要があります。

また、気密性はドアの方が上回ります。

 

★開き戸のメリット

開き戸は引き戸よりも気密性が高くなるので、

音漏れが気になる場合や、暑さや寒さ対策にもなります。

例えば、冬場の寒い玄関とエアコンをつけているリビングを

仕切るドアのばあいは、開き戸のほうが有効です。

また、ドアはどこにでも付けやすいので、

間取りを選ばないのもメリットです。

 

IMG_1954-1

色など豊富で、お家のアクセントに。

DSC_8431-1

ガラスや取っ手の素材にもこだわりれるのもメリット

 

■開き戸のデメリット

人がよく通る場所には、

ドアはあまり向かないということ。

ドアの開け閉めのさいには、

そのスペースが必要になるので、

人がよく通る場所だと、気付かずにドアを開けると、

人にぶつけてしまう可能性が出てきます。

階段の登り口や降り口にドアがあるのは危険ですね。

 

********************************************

こちらは姫路展示場の

キッチン→パントリー→洗面スペース→廊下の

回遊動線のドアの写真です

IMG_4776-1

分かりにくいですが、

「引き込み戸」を採用することで、

限られたスペースを有効活用した例です。

 

※引き込み戸とは、壁のなかに扉を納める引き戸です。

戸袋引き込み(上吊り引戸のみ)

 

壁のなかに扉をしまい込むと通路も広く取れ、

閉めたいときは、小さな取っ手があるので便利です。

IMG_4777-1

 

実際に暮らし始めて、

「ここは引き戸がよかったかも・・」などと、

後悔しないために。

使い勝手がいいお家にするためにも

間取りとドアの関係を考えてみませんか?

 

▶つづき

家づくりのポイント、

失敗しない家具選び、ダイニングテーブル編

テーブルのサイズ選びに困ったら・・・

 

 

▶ご来場問い合わせはこちら(←crick)

 

▶資料請求はこちら(←crick)

 

▶施工事例Instagramで見る←crick

 

家づくりのポイント ブログを見る↓

姫路 家づくりのBlogバナー

 

 

 

 

~ 姫路市で注文住宅を建てるなら、
地域NO.1実績1200棟の「丸尾建築へ」 ~