maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

ゼロエネルギー住宅とは!?

2016.1.31

 

 

最近、「太陽光発電」「スマートハウス」「ゼロエネルギーハウス」といった単語を
 

テレビやインターネットでよく見かけるようになったように思います。

 

 

 

 

 

これっていったいなんのこと?

illust137

 

 

 

と、疑問に感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
 

そこで今回は、これらの考え方について設計部鶴濱が
 

レポートしたいと思います。

 

 

 
 

 

はじめに、「太陽光発電」についてはほとんどの方がもうご存知でしょうね。
 

これは敷地内に設置したソーラーパネルで太陽の光をエネルギーとして使い、
 

発電する仕組みのことです。

 

fr03_03

 

 

 

 

 

 

スマートハウス」とは、「太陽光発電」などがつくる電力や電力会社からの電力、

 

蓄電池に貯めた電力など、家のエネルギーを“賢く(スマート)”つかう住宅のことをいいます。

 

賢く使うために「HEMS」(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)“通称ヘムス”
 

を利用するのが特徴です。
 

 

img01
 
HEMS」は電気機械をネットワーク上で管理し、リアルタイムで利用状況を把握・コントロール
 

するエネルギー管理システムのことです。
 
 

 

 

 

そして「ゼロエネルギーハウス」(ZEH)は
 

1年間の消費エネルギーより住宅で作ったエネルギーの方が多い、

 

もしくは差がゼロになる住宅のことです。
 

現在住宅でつくるエネルギーは、太陽光発電が中心です。

 

 

スマートハウス同様、ムダを省く「省エネ」、太陽光発電などでエネルギーをつくる
 

「創エネ」と、蓄電池に貯める「蓄エネ」、エネルギーの状態を見えるようにする
 

HEMS」を組み合わせて活用します。
 

 

 

 

スマートハウス」と「ゼロエネルギーハウス」

 

同じもののようにも思えるのですが、
 

ゼロエネルギーハウス」は、

 

[各家庭で消費する(使用する)エネルギーを出来る限り少なくして、

 

それでも使用しなければならないエネルギーについては
 

太陽光発電システムなどによって創り出されるエネルギーでまかなってしまう]
 

という考え方から成り立っていて、

 

スマートハウスとの違いのポイントとしては、
 

ゼロエネルギーハウス」は1年間の消費エネルギー≦創エネルギーになる住宅を指します。
 

それだけ創エネルギー量が大きい、また省エネ性が高い住宅
 

ということになります。

 

 

 

そして日本政府では、、、

 

 

 

2020年までにネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を標準的な
 

住宅にする

 

 

 

と目標を掲げています。その流れは日本に限ったことではなく、
 

世界の至る所で低炭素社会を目指したネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの推進
 

がなされています。まさに、日常生活において無駄なエネルギーを排し節約に努
 

めることは世界基準となってきています。

 

 

 

 

“家を建てるならばゼロエネルギーハウスがあたりまえ”という

 

時代がすぐ目の前まできているということですね。
 

 

 

これからマイホームを・・・或いはリフォームを・・・とお考えのみなさま。

 

どうぞ未来の地球のために一足お先に省エネに配慮した住まいを
 

視野にいれてみるのもいかがでしょうか?
 

solar_panel
 

 

TOP