maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

家づくりのポイント、 自然素材を使った家づくりは、 住む人の“健康なカラダづくり” ~漆喰壁のお家~

2019.5.18

街なかモデルハウス・姫路展示場で、

“実際の暮らし”をイメージしたお家で、

ご家族と一緒に家づくりのお話ししませんか?

 

家づくりのポイント、

自然素材を使った家づくりは、

住む人の“健康なカラダづくり”

~漆喰壁のお家~

 

IMG_5699-1

 

お家づくりを始めて、

“自然素材の家づくり”という言葉を

よく目にされるかと思います。

「漆喰壁に、床が無垢のフローリング・・・

自然を感じられる家がいいなぁ」と

展示場やモデルハウスを見学されて

お感じになる方も多いのでは。

丸尾建築もそうですし、

他の工務店さんでも

漆喰壁や珪藻土、無垢の床材を

使用されたお家づくりを

されていますよね。

今回は、「漆喰壁」の特徴を

メリット・デメリットについて紹介します。

 

化学接着材を使わなくよい理由、

「漆喰」の性質を活かします!

漆喰は水を加えて乾かすと、

硬くなりながら乾いて固まる性質を持っています。

施工する際に、化学接着剤を使用しないので、

有害物質のホルムアルデヒドが発生しないことから、

シックハウス症候群の心配もいりません。

 

漆喰補修

 

調湿効果がある素材のいいところ

漆喰の特徴として、

消臭機能や調湿機能があること。

その効果としては珪藻土よりは

少ないと言われていますが、

高気密のお家が多くなっている最近では、

室内は乾燥しすぎるときでも、漆喰の調湿作用で、

乾燥しすぎを緩和してくれる効果があります。

 

家族の健康を守れる素材、「漆喰壁」

 化学物質を含む材料は、

アレルギーや

シックハウス症候群などの

原因になると言われています。

天然素材だと空気中に化学物質が

放出されないため、

赤ちゃんや小さなお子様から

ご年配の方、アレルギー体質の方でも

安心して暮らすことができます。

また、漆喰の調湿効果で、

家の中の湿度を適度に保つことができ、

カビが生えて空気が汚染されたり、

ダニなどの害虫が多く

発生したりしないため、

快適で健康に暮らせる家になるのです。

 

濃いめ

 

自然素材のデメリットは?

・値段が割高になってしまう

・施行に時間がかかる

・意外と掃除が不便

 

自然素材を使う家は全体的に

コストアップになっていきます。

例にあげると、壁を仕上げる時、

ビニールクロスの場合は、クロスを貼って

安価に施工することが可能ですし、

工期も早くなります。

 

3つ目の意外と掃除が不便、というのは、

掃除機などをかけるときに、

角の部分をぶつけてまう・・・と言うお話を

よく伺います。不便というより、

「気を遣う」という感じでしょうか。

 

これはデメリットでもあり、

メリットでもあるのかなと思うのですが、

自然の素材はキズがつく心配もありますが、

実はお手入れの仕方や、

自分でメンテナンスが出来るため、

既製品よりもきれいに長持ちできることもあります。

 

 

先日も「しっくい補修教室」を行いましたが、

角の欠けた部分を補修したり、

手垢のような汚れは、消しゴムを使って

汚れを落としたり・・・。

IMG_5192-1

 

既製品のように洗剤を使って磨くということではなく、

ポイントは「優しく」お手入れを行うことで、

ご自分で手をかけた分、

オリジナリティーのある色合い、風合いが出てきます。

 

自然素材にはたくさんのメリットがある反面、

デメリットもあるので、良さも悪さも理解した上で

選ぶことが後悔しない秘訣です。

そのためにも、実際のモデルハウスや展示場を

見学されたり、スタッフの質問してみることを

お勧めします!

一生に何回も購入することが

できないマイホームだからこそ、

ご家族の健康を考えた家づくりをしませんか?

住まわれるご家族が、これから先もずっと健康で

幸せな「お家」をご提案させていただきます。

 

▶ご来場問い合わせはこちら(←crick)

 

▶資料請求はこちら(←crick)

 

▶施工事例Instagramで見る←crick

 

▶つづき、

家づくりのポイント、

夏、涼しい家に住みたくありませんか?

(↑crick)

 

 

家づくりのポイント ブログを見る↓

姫路 家づくりのBlogバナー

 

 

 

 

~ 姫路市で注文住宅を建てるなら、

-
地域NO.1実績1200棟の「丸尾建築へ」 ~

TOP