maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

自然のエネルギーで快適な家づくり

2019.3.18

 

 
先日、パッシブデザインの第一人者の一人

 
「パッシブデザイン協議会代表理事 野池政宏」さんより

 
パッシブデザインの講義を受けさせて頂きました。

 
パッシブデザインとは、自然の風や太陽の光・熱など

 
を上手に利用して、エアコンや床暖房などの機械に

 
頼らなくても快適な家づくりをしようとする

 
設計思想・設計手法のことです。

 

 

丸尾建築の家づくりで重きを置いている

 
「自然の風と光を取り入れた、その土地に合ったプラン」

 
というのもパッシブデザインの考え方になります。

 
パッシブデザインにおける設計項目は

 
①断熱
②日射遮蔽
③自然風利用
④昼光利用
⑤日射熱利用暖房

 

 

パッシブデザイン-768x168

 

 

 

重要なのはこれらの設計項目は

 
「地域・立地・住まい手」

 
の3つの要素によって内容が異なってくることです。

 

 

また、パッシブデザインは一部のみをとらえて考えるのではなく、

 
5つの設計項目全体を意識しながら

 
「地域・立地・住まい手」の要素から決まってくる

 
「最適解」を導き出そうとする姿勢が必要不可欠です。

 

 

東京には東京のパッシブデザイン

 
北海道には北海道のパッシブデザイン

 
姫路には姫路のパッシブデザインがあります。

 

 

質の高い室内環境を実現させながら、

 
省エネルギーで健康に良いこれからの家づくり

 
ぜひご相談ください。

 

 

 

設計部 鶴濱でした。

TOP