maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

家づくりのポイント、 ちょっと隠れ家的 おこもりスペースの作り方

2019.3.09

街なかモデルハウス・姫路展示場で、

“実際の暮らし”をイメージしたお家で、

ご家族と一緒に家づくりのお話ししませんか?

 

家づくりのポイント、

ちょっと隠れ家的おこもりスペースの作り方

 

お家の計画をしているときに

「書斎スペース」が欲しいな!

と思われる方も多いはず。

リビングやキッチンなど家族みんなで

過ごすスペースはオープンな間取りに

なることが多い分、

ちょっと隠れ家的な、

“おこもり感”のあるスペースは

趣味や仕事に没頭できる

贅沢空間となりますね。

そんな“おこもりスペースの作り方”を

施工事例を交えながら紹介します!

 

何をする?どこにつくると使いやすい?

目的が趣味のためなのか、

お仕事のためなのかによって、

お家のどこに配置するか変わります。

長く過ごすリビングスから遠すぎると、

行くのが億劫になり、使う頻度が減ってきます。

ママがよく使う書斎なら、

ダイニングやキッチンに近いほうが、

家事の合間に利用しやすくなりますね.

 

 

IMG_1095-1

家事動線のなかに作ったおこもりスペース。

出入り口をあえてつけずに配置することも

使いやすさのポイント。

 

 

IMG_0354-1

キッチンの傍に配置すると、

料理の途中でもレシピの検索などが出来て便利。

 

 

IMG_2740-1

リビングに隣接していても

作業している手元が隠れるように計画すると、

扉をつけなくても落ち着ける空間に。

 

 

IMG_4872-1

書斎スペースでパソコン作業も、と想定しておくと

モデムやコンセントの数や位置を検討し、

配線が混雑しないようにしておくと

作業効率も上がりますね。

 

・・・・・・・・・・・こちらは姫路展示場です

 

IMG_4647-1

仕切りの向こう側に・・・

 

IMG_4645-1

明るく日当たりよいスペースに趣味コーナーを。

ゆる~く仕切っているので、リビングからは

細々したもは見えません。

ウッドデッキの傍なので、洗濯ものを取り込んだついでに

アイロンがけもまとめて出来ます。

 

家族が集まるリビングやキッチンは

吹き抜けや大空間リビングが人気ですが、

新築を機にときにはひとりっきりになって、

趣味や仕事に集中できる場所を作ることも、

大人の贅沢ですよね。

お気に入りに囲まれた秘密基地のような

「小さくても贅沢な、

ちょっと隠れ家的おこもりスペース」

を実現させてみませんか?

 

 

▶施工事例Instagramで見る←crick

 

 

▶ご来場問い合わせ・資料請求は

こちらまで(←crick)

 

▶つづき、

家づくりのポイント、

回遊できる間取りって使いやすいの?

 

 

 

~ 姫路市で注文住宅を建てるなら、
地域NO.1実績1200棟の「丸尾建築へ」 ~

TOP