maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

家づくりのポイント、 四角じゃなくてもいい? 凹凸でお部屋を広く見せる方法

2019.1.19

街なかモデルハウス姫路展示場で、

“実際の暮らし”をイメージしたお家で、

ご家族と一緒に家づくりを

お話ししませんか?

 

家づくりのポイント、

四角じゃなくてもいい?

凹凸で“死角”を作って、

お部屋を広く見せる方法を紹介します。

 

約20帖のLDKと聞いてどんな間取りを想像しますか?

長方形だったり、

正方形に近い形だったりいろいろですね。

でも四角でない、

凹凸のあるお部屋になりそう・・と

ご心配の方も安心!

凹凸がで死角を作って、

お部屋を広く見せる効果があることをご存知ですか?

施工事例を参考にご紹介します!

 

★こちらは姫路展示場のリビングです。

14

右奥側に和室部分、左手前にはスタディコーナーがあり、

結構“いびつ”な形です。

ですが、ご来場頂いた方が、

まずおっしゃるのは、「広いですね!」

→担当スタッフはニンマリです・・・。

 

南北に窓が配置できたり、

風の通りをよくする効果もありますが、

凹凸で【死角】ができることで

実際より広く感じるんですね。

 

★こちらは、ダイニングとリビングに

凹凸のあるお家です。

 

13

 

お仕事から遅く帰ったパパが、

リビングのにぎやかな雰囲気は感じつつ、

ダイニングで落ち着いて食事をしたり・・。

 

12

ご兄弟のいるご家族でしたので、

下のお子さんがリビングで遊んだりしながら、

上のお子さんがダイニングで宿題をする・・。

そんなときでも、死角をつくることで、

上のお兄ちゃんは、家族の気配を感じつつ

宿題に集中できるますよね。

 

丸尾建築では、お家づくりを始めるときには

敷地環境調査を行い、

立てられる土地を詳しく調査します。

土地だけでなく、ご家族の暮らし方についても

詳しくお聞きして家づくりを始めます。

 

カタチにはまらずに、

住むご家族の暮らしに合わせた

お家づくりしませんか?

 

▶施工事例Instagramで見る←crick

 

 

▶つづき

家づくりのポイント、仕上げはカーテン!

カーテンだけでなく、ブラインドや

ロールスクリーンでお部屋をアレンジ!

 

 

▶ご来場問い合わせ・資料請求は

こちらまで

 

 

 

 

~ 姫路市で注文住宅を建てるなら、
地域NO.1実績1200棟の「丸尾建築へ」 ~

TOP