maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

家づくりのポイント、階段の位置はどこがいい?

2018.11.10

街なかモデルハウス姫路展示場で、

“実際の暮らし”イメージしたお家で、

ご家族と一緒に家づくりを

お話ししませんか?

 

 

~家づくりを始められた方へ~

階段の位置はどこがいい?

 

新築するにあたって

階段の位置をどこにするのか?悩みますよね。

階段の位置によって、間取りが大きく変わったり

毎日の暮らしにも大きな影響が出てきます。

 

階段の位置として大きく分けると、

・リビングを通って上がる階段

・リビングを通らずに上がる階段

 

リビング階段をご希望される方のお話しを伺うと、

『お子さまとのコミュニケーション』を挙げられます。

お子様がお家に帰ってきた時にリビングを通ることで

声を掛けたり、会話をすることが出来るので、

必然的にコミュニケーションをとる機会を

増やせることを重要視されていました。

 

IMG_3440

 

ただ、お客様がお招きして

リビングにいらっしゃる間をすり抜けて

出かけないといけなくなる・・・

などのデメリットも。

 

ほかにも、冷暖房の効きが悪くなるのでは?

というご意見もよく伺います。

確かに、リビングに階段があると

お部屋全体に開放感がうまれるメリットもありますが、

その分空気の流れも広くなってしまうためです。

 

施工事例

リビング階段+ドアで、

部屋の熱が逃げるのを防げます!

またTVの音も気にならなくなりますね

IMG_3651

ドアを開けているとき

IMG_3626のコピー

閉めているとき

 

姫路展示場のリビング階段。

端に位置しているので、スッキリした印象に

IMG_3574

 

階段前のスペースはディスプレイ棚、

階段下は勝手口と収納スペースに有効利用。

IMG_3575.jpgのコピー

 

リビングやキッチンなどに比べ、

重要度の低いイメージのある階段ですが、

この階段位置が不便だと、生活動線が長くなり、

毎日家の中をウロウロすることに。

また、2階の間取りにも影響する階段。

 

ご新築を機会に、お子様との時間の持ち方や

ご家族でのリビングの使い方、

お客様の多い少ないなど新しいお家での暮らしを

見直してみるものいいかもしれませんね。

 

階段下に収納スペースが出来たりと、

間取りのなかで忘れがちな階段を

ぜひ、有効利用できる方法をみつけませんか?

 

暮らし方をじっくりお聞きして

ご家族一つ一つにあった暮らしやすいお家を

提案をしています。

ぜひ一度ご相談ください。

 

 

▶施工事例Instagramで見る←crick

 

▶つづき

家づくりのポイント、すっきり玄関のポイント

 

 

~ 姫路市で注文住宅を建てるなら、
地域NO.1実績1200棟の「丸尾建築へ」 ~

TOP