maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

『 家を建てるためには・・・ 』資金についてのお話。

2018.10.05

『 岸原建築日記 』・・・住宅ローンとは。

 

家を建てる方は資金をどうするか!

という避けては通れない問題があります。

 

 

自己資金で建築という人もいれば

 

親に資金援助してもらったという人もいます。

 

ほとんどの若くして家を建てようとする人は

 

住宅ローンを組んで資金調達しています。

 

 

 

今回は住宅ローンの中でも金利のお話をさせていただきます

 

前回の営業部ブログで金利の変動でいかに

 

返済額の増減があったことをお伝えしています!

 

 

 

 

どこの金融機関でも住宅ローンを借りるときは

 

金利プランを決める必要があります

 

 

長期固定金利

 

期間限定固定金利

 

変動金利

 

 

今回は変動金利の説明を個人的な見解からいたします

 

銀行融資担当者は『今は0.525%の最低金利で安いです!』

 

と聞きます。確かに毎月の返済額を少しでも抑えることが

 

できるのは変動金利かもしれません・・・

 

 

 

家賃並みの返済額で自分も無理せず家が買えるかも!と

 

思わせてくれるのも変動金利の魅力かもしれません。

 

景気が悪いこの時期は金利もすぐに上がらないだろう、と

 

思うのも仕方ないかもしれません。

 

 

 

ただ私が家を建てた8年前は変動金利も1.3%くらいでした

 

この数年間でここまで下がったのですから、

 

その逆もありえることは想定できます。

 

 

変動金利で借りておいて、金利が上がってきたら

 

固定に借り替えたら大丈夫だ!という意見も聞きます。

 

その時期には変動も固定も全体が均等に上がっていて

 

得をするということは一般的には考えられません。

 

 

 

変動金利には5年リスクという落とし穴があります。

 

銀行にもよりますが5年間は金利に変動があっても

 

返済額が変わらないという決まりがあります。

 

もし5年の間にかなりの金利上昇があり返済額に

 

上乗せされるのは6年目からの5年間です。

 

昔の金利上昇期にこの5年リスクで元金が減っていかない

 

という事象がニュースになった事があったようです。

 

 

 

 

景気低迷のこの時期で金利が史上最低な時こそ

 

固定金利の安心を選ぶというのがお客様の立場になって提案

 

させていただくのがファイナンシャルプランナーであれば定石です。

 

 

 

ここまで変動金利のリスクだけ書いてきましたが

 

変動金利に向いている方もいるのは事実です。

 

①10年くらいの短期で返済を考えている方

 

②1500万くらいのローンで無理ない返済額を設定されている方

 

③金利上昇でも繰上げで自己資金返済できる方

 

 

 

 

住宅ローンは金利どうあれ無理のない返済計画で

 

家づくりを進めていく事が重要です!

 

 

借りられる金額ではなく、無理なく返していける事を

 

前提に計画してくれる営業担当に相談しましょう!

 

 

▶つづき

~資金編 住宅ローンの選び方~

 

 

 

 

~ 姫路市で注文住宅を建てるなら、地域NO.1実績1200棟の「丸尾建築へ」 ~

TOP