works 施工事例

一覧へ 右矢印 右矢印

新築

【NEW】片流れ屋根の平屋の住まい

丹波市 F様邸

片流れの大きな屋根特徴の外観

片流れの大きな屋根特徴の外観

レッドシダーをドア廻りに使用。外壁と木の組み合わせがおしゃれな玄関ポーチ

レッドシダーをドア廻りに使用。外壁と木の組み合わせがおしゃれな玄関ポーチ

ドアを開けると地中海の海のような青の「イタリア漆喰」の壁が正面に。ウォークスルーのシューズクロークの横には、手洗いスペースがあり、帰宅後すぐに手洗いが出来るようになっています

ドアを開けると地中海の海のような青の「イタリア漆喰」の壁が正面に。ウォークスルーのシューズクロークの横には、手洗いスペースがあり、帰宅後すぐに手洗いが出来るようになっています

屋根の形状を活かしたダイナミックな勾配天井にLDK

屋根の形状を活かしたダイナミックな勾配天井にLDK

KOBE STYLEのオーダーキッチンは、すっきり見せるフラットタイプ。横並びにダイニングテーブルを配置。配膳や片付けもしやすく、またリビングの方に視線が向くので家族とのコミュニケーションが取りやすくなっています

KOBE STYLEのオーダーキッチンは、すっきり見せるフラットタイプ。横並びにダイニングテーブルを配置。配膳や片付けもしやすく、またリビングの方に視線が向くので家族とのコミュニケーションが取りやすくなっています

造作のTVボードはフロートタイプにすることで、よりスタイリッシュに。上部に間接照明を設置

造作のTVボードはフロートタイプにすることで、よりスタイリッシュに。上部に間接照明を設置

和室を小上がりにすることで、日常から切り離されたようなリラックス効果をもたらしてくれる癒しの空間に。壁は薩摩中霧島を使用、天井は葦簀天井(よしず天井)に

和室を小上がりにすることで、日常から切り離されたようなリラックス効果をもたらしてくれる癒しの空間に。壁は薩摩中霧島を使用、天井は葦簀天井(よしず天井)に

書斎コーナーの仕切りに格子を活用するなど、リビングは可能な限り仕切りを無くし開放感を追求。大きな梁がアクセントに

書斎コーナーの仕切りに格子を活用するなど、リビングは可能な限り仕切りを無くし開放感を追求。大きな梁がアクセントに

格子があることで、リビングと書斎がつかず離れずの距離感になった書斎コーナー

格子があることで、リビングと書斎がつかず離れずの距離感になった書斎コーナー

清潔感のある白を基調にしたワイドサイズの造作洗面台。2人並ぶことがあってもゆったり身支度が出来るようになっています

清潔感のある白を基調にしたワイドサイズの造作洗面台。2人並ぶことがあってもゆったり身支度が出来るようになっています

ヘリンボーン柄の壁と、深いグリーンのアクセントクロスがポイント。リラックスできる雰囲気のトイレ

ヘリンボーン柄の壁と、深いグリーンのアクセントクロスがポイント。リラックスできる雰囲気のトイレ

ご主人のためのワークスペースを奥側に設けた寝室。高窓を採用することで、外からの視線も気にならず、効率よく光を取り込めます

ご主人のためのワークスペースを奥側に設けた寝室。高窓を採用することで、外からの視線も気にならず、効率よく光を取り込めます

片流れの大きな屋根特徴の外観
レッドシダーをドア廻りに使用。外壁と木の組み合わせがおしゃれな玄関ポーチ
ドアを開けると地中海の海のような青の「イタリア漆喰」の壁が正面に。ウォークスルーのシューズクロークの横には、手洗いスペースがあり、帰宅後すぐに手洗いが出来るようになっています
屋根の形状を活かしたダイナミックな勾配天井にLDK
KOBE STYLEのオーダーキッチンは、すっきり見せるフラットタイプ。横並びにダイニングテーブルを配置。配膳や片付けもしやすく、またリビングの方に視線が向くので家族とのコミュニケーションが取りやすくなっています
造作のTVボードはフロートタイプにすることで、よりスタイリッシュに。上部に間接照明を設置
和室を小上がりにすることで、日常から切り離されたようなリラックス効果をもたらしてくれる癒しの空間に。壁は薩摩中霧島を使用、天井は葦簀天井(よしず天井)に
書斎コーナーの仕切りに格子を活用するなど、リビングは可能な限り仕切りを無くし開放感を追求。大きな梁がアクセントに
格子があることで、リビングと書斎がつかず離れずの距離感になった書斎コーナー
清潔感のある白を基調にしたワイドサイズの造作洗面台。2人並ぶことがあってもゆったり身支度が出来るようになっています
ヘリンボーン柄の壁と、深いグリーンのアクセントクロスがポイント。リラックスできる雰囲気のトイレ
ご主人のためのワークスペースを奥側に設けた寝室。高窓を採用することで、外からの視線も気にならず、効率よく光を取り込めます
豊かな自然に囲まれたご主人のご実家のある丹波市でお家づくりを検討されることなったF様。
建築地の丹波市と丸尾建築のある太子町とは距離があり、お家づくりのお打ち合わせは、ご来場とオンラインを活用しながらでした。
完成したお家の外壁は、ココア色の塗り壁に片流れの大きな屋根が目を惹く平屋。
深みのあるシックな外壁の色味は、F様のご要望に合わせた特注色で仕上げています。
内装はオリジナル無垢床、漆喰など自然素材をふんだんに使用し、木の香りに包まれた心地よい室内に。ご家族が集うLDKは、屋根の形状を活かしたダイナミックな勾配天井に。高窓から入る光でLDK全体が明るく照らし出されます。周辺の自然豊かな環境を活かしたゾーニングと敷地の特徴を捉えた窓の位置や大きさ、部屋を配置することで、日当たりや風の通りを妨げることなく、人工的でなく自然を活かした快適な住まいが実現しました。

data

【NEW】片流れ屋根の平屋の住まい

  • 所在地
  • 丹波市
TOP