SDGs

SDGs実現へのコミットメント

SDGsロゴ

丸尾建築は家づくりを通じて、
2015年9月に国際連合が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献します。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、
2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に
記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、「地球上の誰一人として取り残さないこと」
(leave no one behind)を誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、
先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。

丸尾建築のヴィジョン

SDGsロゴ

丸尾建築企業理念
「かかわる人々の幸せな人生に貢献する」

わたしたちは、家づくりを通して、お客様にご満足いただける家づくりを 行うことはもちろんのことそれだけではなく、協力業者さんや地域の人々、弊社スタッフも含め家づくりにかかわる人々すべての幸せな人生に貢献する ことを目指します。

安心して暮らせる住まいづくり

  • すべての人に健康と福祉を
    健やかで、安心して暮らせる住まいづくり

    漆喰やオリジナルの無垢の床材など、自然素材を活用した「呼吸する家づくり」を提案します。
    家の中のVOC(塗料や接着剤から蒸発した有害物質)を抑えた空気環境を保ち、健康的な生活が送れる家づくりを進めていきます。
    また、気密性・断熱性能にこだわり、健康で快適に暮らしていただくための家づくりに取り組み、健康で長生きできる住宅の普及を目指します。

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    省エネルギー住宅への取り組み

    丸尾建築は、ZEHビルダー登録会社です。
    敷地環境調査を行い、風の流れ日当たりなどその土地の特徴を活かしたプラン間取り提案を行うことで、エネルギーを効率よく使い、限られたエネルギー資源を共有していきます。
    パッシブデザインにも積極的に取り組み、太陽の光、熱、そして風といった「自然エネルギー」を最大限に活用した、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを提案していきます。

  • 住み続けられるまちづくり
    地域工務店として、良い家づくりと良い街づくりを

    家づくりを通して地域社会に貢献します。良い家づくりは良い街づくりと考え、一棟一棟大切につくり、お引き渡し後もアフターメンテナンスを充実させ、安全に住み続けられる街づくりに繋げます。
    住みよい街づくりを進めていくために分譲地の開発や販売を行っていきます。

心の豊かさを感じる時間を創出

  • 質の高い教育をみんなに
    学び続ける環境づくり、心の豊かさを感じる時間を創出

    「トライやる・ウィーク」とは、中学2年生を対象に地域を学びの場に、 体験を通して、自ら学び、考え、体得する教育の一環として兵庫県内で実施されている職業体験活動です。
    この活動に丸尾建築も賛同し、地元中学生の受け入れを積極的に行っています。
    また、教育に少しでも役立てていただければとの思いから、今後も地元の小中学校の図書館に本の寄贈をしたり、教室設備の寄付を行っていきます。

  • ジェンダー平等を実現しよう
    一般企業より女性比率が高い丸尾建築の職場、女性が活躍する職場

    丸尾建築の全社員に占める女性の割合は約40%。これは建築業界では珍しく高い数値です。
    設計担当、コーディネーターなど、女性が活躍する場がたくさんあります。
    これからも女性が働きやすい職場づくりを行っていきます。