promise

丸尾建築からお客様への約束

01

お客様への約束

お客様と安心で快適な住まいづくりを始めるために丸尾建築がお約束すること

お客様に不快な思いをさせないため、まごころを込めて対応させていただいています。

住宅業界では資料請求や問い合わせをしたり、モデルハウスに見学に行くと“売り込みしてくるしつこい営業マン”がいるので見学に行きたいけど躊躇してしまう、というお声をよくお聞きします。実際にしつこい営業をされて迷惑した、というお話をお客様からお伺いしたことがあります。不快な気持ちになり、最終的にお家づくりの計画を中断されたというお話も...。

丸尾建築では、お客様に不快な思いをさせないため、まごころを込めて対応させていただたいています。

ショールームは、丸尾建築のお家づくりを
体感できるつくりになっています。

丸尾建築のショールームは、丸尾建築のお家づくりを体感できるつくりになっています。
基礎や構造、断熱・遮熱仕様などについてぜひ見て、触れて感じてください。

また、丸尾建築ではお家を建てて頂いたオーナー様宅や建築中の現場にご案内しています。これはショールームだけでは知ることの出来ない丸尾建築のお家づくりの真の姿を知って頂き、ご納得してお家づくりを進めて頂きたいからです。

お客様と一緒にお家づくりをするためにお約束すること

お客様お一人お一人にあった資金計画をご提案しています。

丸尾建築では、お客様お一人お一人にあった資金計画をご提案しています。お家づくりの中でお金に関するシミュレーションをさせて頂き、お客様のお家が建った後、その家を中心にどんな生活が実現できるかも合わせて、一緒に考えていきます。その際には、ファイナンシャルプランニングソフトを使用して、わかりやすくご説明させて頂いています。
様々な住宅ローンの種類があるなかで、住宅ローンの知識を持ったスタッフがお客様に代わって最適な住宅ローンを選び、ご提案いたします。
弊社の営業スタッフは全員ファイナンシャルプランナーの有資格者ですので、安心してご相談ください。


資金計画には、建築費以外の必要経費も含めた形でお作りしています。家づくりにかかる費用は土地代や建築費だけではありません。地盤改良費、登記費用、お庭などの外構費用、住宅ローンや諸費用、各種税金などそれぞれお客様ごとに違う様々な出費が考えられます。
また、現在では新しくお家を建てようという方は補助金や減税などのさまざまなサポートを受けることができます。どんな制度が利用できるのか、申請の方法などもあわせてご説明させて頂いています。

一般的には「お家づくりは3度行わないと満足出来ない」と言われています。
しかし、3度建てられる人なんてほんのひとにぎりです。この言葉には、それだけ「お家づくりは難しい」という意味が含まれています。
たった一度の大切なお家づくりを通じて、たくさんの思い出をつくって頂きたいと丸尾建築は考えます。
お家づくりの過程一つ一つの節目を、単に「家を建てた」ということだけではなく、お客様ご家族に楽しんでいただけるイベントをたくさんご用意することで、お引き渡しまでのお家づくりがたくさんの思い出になるよう、様々な取り組みを行っています。

世界にひとつだけの敷地に、世界にひとつだけのご家族のための
暮らしをご提案するためにお約束すること

敷地を知らずして、プラン図面を描くことはできません。
敷地の広さ、周囲の建物の状況だけでなく、
季節の移り変わりによる環境の変化、日当たり風通しなどを計算し、
世界にひとつだけの敷地に世界にひとつだけのご家族のための暮らしをご提案します。

設計スタッフが現地で調査を行います。

敷地の法規調査、土地の高低差、敷地の周辺状況を調査していくことは一般的ですが、そこで長く暮らすお客様のことを真剣に考えるとそれだけでは十分とは言えません。

丸尾建築では、日当たりや影の落ち方、隣家の窓の位置、周辺の騒音などを設計スタッフが現地で調査を行います。
さらに、気象庁のデータを参考に1年365日24時間で、その地域で季節ごとにどの方角から風が吹くのかなど「風の道」について、また季節ごとに敷地のどこに日が当たり、影ができるのかという「光の道」について調査し、部屋の位置や窓の位置・大きさを適正にご提案します。季節によって異なる「自然」を考慮することで、敷地の特徴を十分に活かすだけでなく、光熱費を抑えるお家づくりのご提案につなげています。

図面設計は有資格者の設計士が行い、担当営業がすることはありません。
敷地環境調査の結果を踏まえ、気持ちの良い暮らしが思い描けるようプライバシーなどを考慮しつつ、プロの目線で暮らしのご提案をさせて頂いています。

ご家族の目線に立ち検討したプランをお客様がイメージしやすいよう手書きでプラン図面を作成し、丁寧にプレゼンテーションいたします。

安心で快適な住まいづくりのために丸尾建築がお約束すること

素足でも歩ける【きれいな現場づくり】
に取り組んでいます。

丸尾建築では、「大切なお家づくりをさせて頂いている」という思いを込め、素足でも歩ける【きれいな現場づくり】に取り組んでいます。
現場マナーを大切にしている建築会社は、「建築中は近隣に迷惑をかけている」ということをよく理解しています。
なぜなら、現場をきれいにすることは近隣の方へのご迷惑や不快感を最小限にするとともに、お住まいになるお施主様が気持ちよく新しい生活を始めて頂くことに繋がると考えているからです。施工業者は工事が終わればいなくなりますが、ずっとそこに住まわれるのはお施主様です。

現場をきれいに保つことは、施工の品質を高め、お施主様に安心して頂けるお家をお引き渡しすることにも繋がりますし、現場スタッフが安全に作業を進められることで効率的に作業をすることができます。
現場をきれいにすることは、お施主様や近隣の皆様へ”真心を込めたおもてなし”と考えています。

素足でも歩ける現場を目指し、現場スタッフが1日5回の清掃、毎週1回弊社スタッフが現場清掃と現場周辺の清掃活動を実施し、丸尾スタッフ協力業者スタッフと一丸となり取組んでいます。

「魅せる現場コンテスト」

一般社団法人現場きれい推進協議会が主催する
「魅せる現場コンテスト」にて、
2017年度は、全国3位となる『奨励賞』を2018年度は全国で2位となる『優秀賞』を受賞と徐々に順位を上げることができ、
2019年度は全国で1位となる『最優秀賞』を受賞しました。

施工中計6回もの現場立ち合い

工事中はお施主様に現場までお越し頂き、配置の確認、基礎配筋検査、構造金物検査、スイッチ・コンセント検査、木工事完了検査、工事完了検査と計6回の現場立ち合いの機会を設けています。
実際の現場で、図面だけではわからない部分の確認をさせて頂くことで暮らしやすい理想のお家にしていきます。現場立ち合いには、工事が図面通りに行われているかの確認だけでなく丸尾建築とお施主様が一緒に理想のお家を作り上げるという、大切な意味があるのです。

建築工事中に厳しい第三者機関による検査

住宅保証機構(株)から住宅瑕疵担保責任保険『まもりすまい保険優良事業者』に2回連続で認定を受けています。
2回連続で認定されたのは全国で登録されている工務店約64,400社のうち、全国では1,200社、県内では60社となります。

瑕疵(かし)とは?

瑕疵(かし)とは、「欠陥」を意味します。「住宅瑕疵担保履行法」で言う瑕疵は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の欠陥を指しています。住宅瑕疵担保責任の範囲住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

お引き渡しのあとも丸尾建築がお施主様にお約束すること

お引渡ししてからが本当のお付き合いの始まり

丸尾建築は、お引渡ししてからが本当のお付き合いの始まりと考えています。
毎年弊社のスタッフが年末ご挨拶を兼ねて、カレンダーをお持ちしています。1年に1回担当スタッフが訪問しますので、お家の気になるところがあればその際にご相談頂くことができます。
お引き渡し後は、1ヶ月点検・6ヶ月点検・1年点検・2年点検・5年点検・10年点検と定期点検を実施しています。
また、簡単なお手入れの仕方などもご相談をお受けしています。オーナー様には一生懸命つくったこだわりのお住まいにより長く安心して住んで頂きたいと考えているからです。

漆喰の補修教室

工務スタッフが講師となり、漆喰の補修教室を年2回開催しています。実際に漆喰を練るところから、汚れや欠けの補修方法など、身近な道具使って漆喰の補修方法を楽しみながら実践して頂きます。

他にもお引き渡し後のオーナー様を対象にした「確定申告セミナー」なども開催しています。

OB様大感謝祭

日頃お世話になっているOB様への感謝の思いを込めて、年に一度「OB様大感謝祭」を開催しています。
この感謝祭はアフターフォローの一環として、この機会にお家で気になることをご相談いただける場にもなっています。当日は、太子町あすかホールを全館貸し切って、ビンゴ大会やステージショー、アトラクションコーナーなどご家族の皆様でご参加頂き、楽しんで頂けるイベントとなっています。
感謝祭には、毎年1400名を超えるOB様にご参加頂いています。私たちはこのアフターフォローを通じて「丸尾建築で建ててよかった」と末永く感じて頂くよう取り組んでいます。

丸尾建築が地域で一番良い家づくりをする会社として地域の皆様にお約束していること

地域の皆様とのつながりを大切にしています。

地元の中学校の教育設備の寄付のほか、教育に少しでも役立てて頂ければとの思いから2019年は石海小学校に79冊の図書寄贈や(「丸尾文庫」の設立)、2020年の新型コロナ感染拡大時に、太子町教育委員会へマスク6000枚、太子町役場に500枚、計6500枚の寄付を行いました。

また、毎年の「トライやるウィーク」では、建築の楽しさに触れてもらおうと、実習生として地元の中学生を受け入れています。

また、丸尾建築は地域の皆様とのつながりを大切にしています。「はりまくらしLabo」と題したワークショップを定期的に開催し、丸尾建築のモデルハウスを地域の皆様の交流の場として提供させて頂いています。

毎日の暮らしを楽しんで頂くことを目的としたクラフト教室や、防災備蓄収納プランナーの講師の方が開催する暮らしに役立つセミナーなど様々な教室を開催しています。夏には太子展示場全体を会場にしたサマーイベント「夏ふぇす」、年2回開催しているフリーマーケット「ouchimarche -おうちマルシェ-」を開催など、OB様や地域の方に気軽にご参加頂いています。

はじめて家を建てられる方は
まずはこちらから

はじめての家づくり
TOP