promise

丸尾建築からお客様への約束

03

快適への約束

ご家族にとって健康で安心して暮らすことの出来る、
命を守る大切な住まいづくりを約束します

ご家族にとって健康で安心して暮らすことの出来る、命を守る大切な住まいづくりを提案します

お家を建てることは、最終目的ではなくあくまでもスタートです。
せっかく新しいお家での生活が始まったのに、住まわれるご家族が体調を崩されたり、シックハウス症候群になってしまったり...。

私たち丸尾建築はそんなお家づくりをしたくありません。
漆喰やオリジナル無垢床などの自然素材を使用することや、エアコンなど冷暖房機器に頼らずに快適な室内温度を保つことで、住まわれるご家族にとって健康で安心して暮らすことの出来る、命を守る大切な住まいづくりを提案します。
間取りやデザインと同じように、ご家族の健康のことを大切にしてお家づくりを始めて頂きたいと考えます。

お客様が安心して暮らしていただける住まいをお約束します

北海道基準の「ダブル断熱」+「遮熱」で夏涼しく冬暖か

お家づくりを検討される理由に夏にエアコンが効かない、冬の結露をどうにかしたいなど(夏の暑さ、冬の寒さ)、今お住まいの環境から、住環境を改善したいとのご要望をよく伺います。断熱性能が高い家は、室内の温度が外気温に左右されにくくなり、家の中の温度が一定に保たれ年中快適に過ごすことができます。 また、必然的に冷暖房費を削減することができます。
しかし、断熱にこだわる理由は一年を通して快適に過ごすための 「断熱効果」だけではありません。冬の結露発生は、「カビ」や「ダニ」のもととなり、アレルギーなど健康被害をもたらす要因となります。ご家族の健康を守るためにも長く快適に暮らせる住まいを実現するためには、断熱性能にこだわることは重要なことなのです。

パッシブデザインへの取り組み


丸尾建築で建てるお家は、兵庫県よりずっと厳しい環境である「北海道」「東北地方」でも十分通用する断熱性能です。お家の断熱性能を高めることで光熱費を抑え、一年を通してお家の中で快適にお住まいいただけることが一番のメリットです。
「内断熱工法」として、室内側の柱と柱の間に断熱材を入れていきますが、柱などの構造体には断熱材が入りません。それを補うために、建物全体を外側から柱も全てすっぽりと断熱材で包み込む「外断熱工法」も同時に採用しています。
「ダブル断熱工法」とは「内断熱工法」と「外断熱工法」の両方のメリットを持ち合わせた高い断熱工法で、一度冷暖房によって冷やされ、温まったりした空気が長持ちするため、一日中エアコンをフル稼働させる必要もなく省エネにも効果があります。
さらに屋根に宇宙服の技術を活かした遮熱シート「レフミラー96」を施工することで、真夏の太陽からの輻射熱を96%カットします。

丸尾建築で建てるお家は、北海道基準の外断熱と内断熱の「ダブル断熱工法」+「遮熱」で一年中快適な夏涼しく冬暖かなお家です。オーナー様にお聞きすると、真冬でもエアコンの温度設定は19~22度に設定されているという方が多いです。

自然素材へのこだわり

自然素材へのこだわり

丸尾建築は、お客様が安心して暮らしていただける住まいには自然素材を使用することが必要不可欠と考えます。
漆喰は優れた吸放湿性能を備え、結露を防止・抑制する効果があり、この特徴を活かすことで室内をいつまでも快適に保つことができます。

漆喰を壁に使用することで、室内の空気は常に浄化されきれいな状態になるため、大人だけでなく空気環境に敏感な赤ちゃんにも最適です。
日本でも古くから築城に使われ、何千年という風雪に耐える強度と不燃性能が実証されてきました。
近年ではシックハウス症候群の原因とも言われるホルムアルデヒドを吸着、分解する機能があるものとして注目を浴びています。高い吸放質性で室内の湿度管理にも優れていることから「呼吸する壁」として、いつでも快適な空間で過ごすことができます。

Floor

オリジナルの無垢床には節が少なく、美しい木目が楽しめる人気の木材、カバサクラ材を使用しています。

無垢材は唯一無二の表情を生み出し、日本では古くから家具の材料としても幅広く使われています。自然素材の無垢の床材に触れて感じるのは木のやさしさ、肌触りの良さです。
夏はひんやり涼しくさらっとした足触りで、冬はほのかに温かく木の優しい香りに包まれて、一年中裸足で暮らせる心地よさを感じます。

オリジナル床材は5色のカラーバリエーションがあり、また床の表面をまっすぐに仕上げるフラット加工と足触りを追求した凹凸のあるウエーブ加工があります。

Ceiling

床と同じくらい、場合によってはそれ以上の空間の割合を占める天井にも無垢材をご提案しています。

通常クロスで仕上げる天井を板張りにすることで、高級感のある温かみのある落ち着いた雰囲気を演出します。

無垢材を使用することで木独特の質感を味わうことができ、床と組み合わせることで上質で落ち着いた空間に仕上げることが出来ます。丸尾建築では、レッドシダーを使った天井仕上げが人気です。

エアコンなど冷暖房機器に頼らずに
快適な室内温度を実現します

パッシブデザインへの取り組み

冬暖かく夏涼しく過ごすことの出来る断熱性能が高い住宅は、住む人の健康維持にも繋がります。

例えば断熱性の低い住宅の場合、冬場に暖房の効いたリビングとお風呂やトイレでは10℃以上の温度差が生じることも珍しくなく、その温度差は「ヒートショック」と呼ばれる急激な血圧変動を引き起こす要因となります。
ヒートショックによる推定死亡者数は交通事故死亡者数の3倍以上とも言われ、安全であるはずの住まいで、日々多くの事故が起こっているのです。

断熱性能が低いと夏も冬もエアコンなどの効き目が悪く、お部屋の温度差も大きくなりファンヒーターなどを併用することになるので、光熱費も大きな負担になります。
少しのエネルギーで冬は暖かく夏は涼しく、いつも快適温度で暮らせることが体への負担を減らすことに繋がります。

パッシブデザインへの取り組み

「パッシブデザイン」の家

Passive-Design (パッシブデザイン)とは?

Passive-Design (パッシブデザイン)とは?

パッシブデザインとは、自然の力を最大限に利用し、太陽光、風力、地熱などの力でエアコンなどの冷暖房機械の使用を最小限にし、夏は涼しく、冬は暖かく快適に暮らすことを目的とした設計のあり方のことです。
パッシブデザインに取り組むということは単に地球環境のためだけではありません。

住む人の健康面や光熱費の削減にも非常に効果的で、断熱・気密性能が高いパッシブデザイン住宅では部屋間の温度差が小さくなるためヒートショックの心配もありません。
さらに、冷暖房にかかるエネルギーを大幅に削減できるので家計の負担軽減にもつながります。

丸尾建築では、住宅の省エネルギー化による経済効果はもちろん、
快適性や健康面でもメリットのあるパッシブデザインに積極的に取り組んでいます。

ZEN builder ZEH28B-00730-C

丸尾建築は、ZEHビルダーです。
「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」ZEHとは、省エネ効果と創エネ効果の組み合わせで住宅の年間の一次消費エネルギーが正味(ネット)でゼロとなる家のこと。つまり、高い断熱性能で抑えた消費電力量を太陽光発電等で賄っていく「自給自足」の高性能住宅のこと。

お客様の一人ひとりに合わせた「その人らしい」住まいを実現するために、快適な住まいの提案に取り組んでいきます。

年度 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
ZEH
受託率目標
10% 20% 30% 40% 50%
ZEH
受託率実績
4% 3% 5% 10% -

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)について

BELSとは、「Building-housing Energy-efficiency Labeling System」の頭文字をとった略称で、 住宅(建築物)の省エネ性能表示制度のことです。
建築物の省エネ性能の表示制度は、建築物のエネルギー消費性能に関する法律に基づき、平成28年4月より施工がスタートしました。BELSの評価は、新省エネ基準の省エネ性能を持つ住宅に対して、★を利用して5段階で省エネ性能をランク付けしています。

丸尾建築では、こうしたBELSの認定や、ZEH標準化に向けて積極的に取り組んでおります。

【化学物質ゼロのお家】をお約束します

【有害物質ゼロのお家】をお約束します

丸尾建築が提供する「きれいな空気の家」は、環境に左右されやすい赤ちゃんが安心して暮らせる住まいを基準とし、自然の力を活用した「ReNウォーター」の技術で良質な空気環境をつくります。人は食事や水を1日あたり3~5kg摂取しています。

対して空気の摂取量は重さに換算した場合、食事や飲み物の約5倍にあたる1日あたり15~20kgです。
1日に取り入れる物質の80%以上が空気なのです。

厚生省が示した室内での安全濃度指針値

物質名 室内濃度指針値 対空気比重 主な用途
ホルムアルデヒド 0.08ppm 1.08 合板やフェノール樹脂、メラミン樹脂など
トルエン 0.07ppm 3.1 塗料・接着剤などの溶剤
キシレン 0.05ppm 3.7 塗料・接着剤などの溶剤
エチルベンゼン 0.88ppm 3.66 塗料・接着剤などの溶剤
パラジクロロベンゼン 0.04ppm 5.07 断熱材・畳心材など

※厚生労働省 医薬・生活衛生局 医薬品審査管理課 化学物質安全対策室発表の数値

もしお家の中の空気が汚れていたら、シックハウス症候群や、アレルギーや喘息などの疾患、慢性的な疲労や不眠など様々な体のトラブルを引き起こしてしまいます。それだけに、健康的な生活を送るには生活空間を'きれいな空気'環境にすることが大切です。一般的にF☆☆☆☆(エフフォースター)を使用すれば大丈夫という風潮がありますが、この基準でも有害物質が出ないわけではありません。一つ一つは少量ですが沢山あると基準値を超えてしまいます。

ホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)も、ほとんどが空気より重いため床近くに滞留します。そのため快適だと思っていても床に近い位置で過ごす赤ちゃんや小さなお子様、また寝ているときに大きく影響が出ます。
もし新築したばかりのお家の中の空気が汚れていたら、シックハウス症候群や、アレルギーや喘息などの疾患、慢性的な疲労や不眠など様々な体のトラブルを引き起こしてしまいます。
それだけに、健康的な生活を送るには生活空間を"きれいな空気"環境にすることが大切です。

一般的にF☆☆☆☆(エフフォースター)を使用すれば大丈夫という風潮がありますが、この基準でも有害物質が出ないわけではありません。一つ一つは少量ですが沢山あると基準値を超えてしまいます。

丸尾建築では"きれいな空気"環境にするために、植物酵素やミネラルなどを主原料とした
『ReN ウォーター』を壁や天井などに構造段階と完成の2回吹き付け施工します。

これにより有害な化学物質を分解除去する効果が生まれ、室内の空気がマイナスイオンを多く含んだ抗酸化力の高い室内環境になります。建材や家具より放散される揮発性有機化合物(VOC)を減衰させるとともに室内の抗酸化力が高まり、住む人にとって快適な空気環境となるのです。

お引き渡し前には第三者機関に依頼し、全棟VOC(揮発性有機化合物)測定を実施。
その結果を報告書にまとめ【有害物質ゼロのお家】をお引渡しさせて頂いています。

全棟VOC(揮発性有機化合物)測定
全棟VOC(揮発性有機化合物)測定報告書

  ※クリックで拡大します

はじめて家を建てられる方は
まずはこちらから

はじめての家づくり
TOP