news お知らせ

一覧へ 右矢印 右矢印

2020.11.20

一歩先の上質な暮らしを提案する、丸尾建築の新しいモデルハウス”Grant”シリーズ が誕生!!

2棟のモデルハウス、丸尾建築の家づくりを体感できるショールームが、2020年11月28日グランドオープン!!

★…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…★
 ご見学ご予約受付中 ※ご予約はこちらから(←click)
★…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…★

姫路市延末に丸尾建築 姫路支店モデルハウスがグランドオープンしました。

ワンランク上の安らぎと癒しの空間をご提案するモデルハウス2棟、

丸尾建築の家づくりへの想い、こだわりをご体感頂けるショールームへ、

ぜひお越しください。   

継ぐ家 -つなぐ家-
見透す家 -みとおす家-

■■モデルハウス紹介 ■■

家族をつなぐ、空間をつなぐ、暮らしをつなぐ、自然とつながることをテーマに設計されたモデルハウス「継ぐ家」

暮らしの中心となるキッチンを

家の真ん中に配置し、

回遊できる間取りに。

共働きのご家族を想定し、

家事や育児、仕事に・・・

と忙しい毎日のストレスを少しでも

軽減できるように、

水廻りの家事動線を「つなぐ」ことで、

動きやすさだけでなく、

“空間の連続性”をつくることで、

自然と家族の気配を感じつつ、

家族のコミュニケーションが取れ、

「家族の絆」が

自然と生まれる暮らしです。

大開口の窓がある土間リビングは、

他の部屋より床を下げて設計。

あえて段差を付けることで、

おこもり感のあるスペースに。

日常を忘れ暖炉の火を

見ながらゆったりと

自分だけの時間も

大切にできる暮らしを

ご提案しています。

木製窓を全開にするとより

開放的な空間に。

床を低くしたことで、地面と近くなり

家に居ながらにして

自然とのつながりを感じることができます。

ポイント 1  回遊型の動線 

「食べることは生きること」。暮らしの中で「食」の時間は大切です。「食」を作るキッチンも重要です。暮らしの中心をキッチンにした間取りは、外に帰ってくると、まず家族のコミュニケーションの場であるダイニングへ。そこで、家族の団らんの時間や、食事を楽しむことができます。吹抜けや室内窓を通して、家のどこに居ても家族とのつながりを感じることのできる間取りです。

ポイント 2 真壁の和室 

最近ではあまり見かけなくなった「真壁の和室」。大工さんの確かな技と技術で造り上げる日本の伝統的な造りの和室です。一歩足を踏み入れると、高級旅館を訪れたような「和」の空間が広がります。畳に座る、寝転んだときにちょうど良いの目線を高さのあわせた天井高。また葦(ヨシ)を編んだ「葦天井仕上げ」など細部にこだわった本格的な和室です。

ポイント 3  和モダンをテーマにした外観 

和モダンをテーマにした、趣きのある外観。交通量の多い角地にあるため、どこから見ても正面に感じてもらえるように三角と四角を組み合わせたダイナミックな形に設計。一階南側の屋根は深い庇にすることで日射を遮る効果と美観的にも落ち着いた雰囲気になっています。

シンプルな外観の“白い四角い箱”のような家。耐震構法「SE構法」で実現した大空間のモデルハウス、「見透す家」

外から見ると窓もなく、

一見閉鎖的に見える

「白い四角い箱」のような建物。

そんな外観から想像もつかないぐらい

開放的な内観は、

耐震構法「SE構法」だからこそ

実現できた大空間をご体感頂けます。

玄関ホールでは中庭の緑が見え、

その先のリビングまで見透すことができ、

さらにその先にあるウッドデッキ、

庭まで視線が抜け

空間の広がりを感じる設計に。

1階はキッチンを中心に洗面など水廻り、

ファミリー玄関へとつながる

家事の動線を集約した回遊型の

「家族用動線」と、

来客時は中庭を眺めながら

リビングへ案内のできるスマートな

「来客用動線」と分けることで、

ゆるやかにプライベートゾーンと

パブリックゾーンを分けた

間取りになっています。

南側以外は、中庭に向けて

窓を設けてあるので、

街なかにあっても

プライバシーを保ちながら、

光や風や庭の木々など

自然を感じ日常の喧騒から離れ、

ゆっくりと家族や友人たちとの

プライベートな時間を

楽しむことができる暮らしを

ご提案しています。

ポイント 1  耐震等級3を確保した大空間

耐震等級3を確保しながらも大空間・大開口を実現できる耐震構法「SE構法」だからこそ実現した吹き抜けと大開口の開放感のある大空間を実現。構造的に必要な柱や壁が少なくても耐震性の高い空間が実現できることが大きな特徴をいかしたLDKの開放感は、耐震構法「SE構法」ならではです。南側の大開口の窓は、深い軒を付けることで夏の強い日差しを遮りつつ、冬の暖かな陽光を受け入れる設計に。

ポイント 2  視界を妨げない透ける階段

廊下に配置したスケルトン階段は、段板のみで構成した鉄骨ササラ桁で仕上げています。鉄骨と無垢の木の質感の組み合わせがオシャレな室内デザインの一部になっています。また、スケルトン階段にすることで、視線を遮ることなく、玄関ホールからリビングダイニングを一体空間としてつなげる効果も。廊下の壁は「大谷石」で夜は間接照明で、幻想的な雰囲気に

ポイント 3  シンプルな1つの箱のような外観

道路に面した東側は一切窓もなく、木の格子が唯一のアクセントになった外観。樋さえも見せず内樋としてウッドデッキにある倉庫を通す設計に。閉鎖的に見える外観と開放的な内観のギャップが興味深い外観デザインです。

******************************************************

※ご予約が重なってしまった場合など、

ご希望日時に添えない場合がございます。

※ご予約を頂いたのち、スタッフより確認のご連絡をいたします。

ご予約の際に、連絡につきやすい連絡先をご記載ください。

*-----------------------*
新型コロナウイルス感染拡大防止について、

ご来場の際はご協力をお願いいたします。

当日少しでも体調のすぐれない方や、

発熱があった場合はご来場を

お控えくださいますようお願いいたします。

入場の際、非接触型検温機での検温、

アルコール消毒をさせていただきます。

必ずマスク着用の上ご来場ください。

検温の結果、37.5℃以上の発熱が

確認された場合、ご来場を

お断りさせていただくことがあります。

お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、

何卒ご理解とご協力の程、

宜しくお願い申し上げます。

*-----------------------*

…━━━━━━━━━━━━…
姫路支店へのお車でお越しの際は・・・

※案内図を参考にお越しください
…━━━━━━━━━━━━…★\

丸尾建築 姫路支店は、

県道62号線(北行き車線)沿いにございます。

■飾磨方面、南からお越しの方は・・・

県道62号線を北上し、

「P」の看板を左折ください。

■手柄方面(文化センター前通り)からお越しの方は・・・

船場皮を超えて、すぐを右折。

川沿いを南に下り、

1つ目の角を左折すると、

県道62号線へ出ます。

県道62号線を左折し(北上)、

「P」の看板を左折ください。

■イオンタウン、東延末方面からお越しの方は・・・

「延末1丁目」交差点を西へ入り、

手柄方面(文化センター前通り)へお進みください。

船場川を越えてすぐを右折し、

川沿いを下り、1つ目の角を左折して、

県道62号線に出ます。

県道62線を左折(北上し)、

「P」の看板を左折ください。

姫路支店住所 姫路市延末328番地1
TOP