姫路展示場

からだに優しい住まいづくりのための4つのポイント
~人と土地・建物を元気にする住まいの抗酸化技術~

日々暮らす住まいの環境は、ご家族の健康を左右しているという現実。
「丸尾建築の健康な住まい」は、住まい手のメリットを最大限に考え、
健康で長く元気で暮らすため、
目に見えない部分である「空気の質」にこだわりました。

性能はもちろん、吟味した自然素材を採用、
そして設計による健康配慮、
さらに4つの技術による抗酸化環境づくりで、健康快適な暮らしを実現します。

4つの技術は「土地」「床下」「室内」「電磁波」に対する環境改善技術です。
これらの相乗効果により、建てる空間全てが抗酸化処理され、
健康快適環境になります。

  • point.1
    電磁波から家族を守る

    私たちの暮らしは、電気と切り離せません。電化製品などから出る電磁波の人体への悪影響が問題視されています。
    その電磁波ノイズの除去、電磁波の問題点を解決することで、健康への影響を少なくし、結果として電磁波とうまく付き合える環境をつくります。

  • point.2
    建物をカビや害虫から守る

    建物は足元である基礎が大切です。基礎から抗酸化環境にすることで、土台の腐食による劣化やカビの繁殖を抑える対策や、シロアリの浸食防止にも役立ちます。

  • point.3
    土地環境からきれいにする

    良い建物は、よい土地環境があってこそ。「いにしえの知恵」を参考に、様々な炭素質を配合し開発した『癒しろ炭』を地中に埋設することで、地中の電気コンディションを整え、抗酸化力を高めます。

  • point.4
    きれいな空気で、健康に暮らす

    「シックハウス症候群」の発症原因の半数以上が室内空気汚染です。植物酵素やミネラルなどを主原料とした『ReN ウォーター』を壁や天井などに吹き付け施工します。これにより有害な化学物質 を分解除去する効果が生まれ、家中の空気がマイナスイオンを多く含んだ、抗酸化力の高い室内環境になります。