maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

『 岸原建築日記 』・・・ リフォームするタイミング

2021.8.19

コロナ禍の中、聞きなれたように

4回目の緊急事態宣言が出ました。

飲食店の締め付けにしかなってない

この状況で、ワクチン接種が進む事しか

打開策がないのでしょうか...

私も来週2回目の接種を受けますが

発熱や後遺症が出ないことを願うばかりです。

 

 

 

さて、

築15年くらいのOB様達から

アフターメンテンスや

リフォームの依頼が

増えてきました。

 

 

玄関ドア調整や給湯器の取替、

IHコンロや食洗器の修理、

エアコン不具合や浴槽排水栓の取替。

 

 

今回は玄関のタイルが劣化し

張替えを施工されたT様邸の件。

 

↑ タイルの浮きや白華現象、一部割れが少々あります

 

 

家の顔となる玄関ですので、

一新すると印象も気持ちも新たになります。

 

 

 

 

家は一生ものではありません。

適切な時に適切なケアをする必要があります。

それが5000円の補修でも、

100万円のリハウスでも、

家の価値の為には必ず決断するときが来ます。

 

しかし訪問販売の強引なリフォーム勧誘には

会社都合の営業しか考えていない輩もいます。

 

お客様の中には、自分は

住宅の専門知識がないという

理由から、ネット情報や

訪問販売員の話法に了承して

しまう人がいるのは事実です。

 

家の専門家はたくさんいると思いますが、

自分の家のように考え、判断し、妥協し、

費用対効果を最大限得られる家守りが

できるアフターメンテナンス担当者が

どれだけいるでしょうか・・・

 

私も家を10年前に建てましたが、

困ったことや急な不具合は稀にあります。

そんな時いつでも相談できる

家守りがいると心強いです!

 

そんなアフターメンテナンスに

強い丸尾建築になっていけるように

社員一同連携とって精進していきます

 

 

 

営業設計部 岸原でした。

 

~姫路市で注文住宅を建てるなら、地域no.1の実績1400棟「丸尾建築へ」~

 

TOP