maruo's blog スタッフブログ

一覧へ 右矢印 右矢印

夏は暑くて当たり前? パッシブデザイン

2021.8.18

 まだまだ暑い日が続きますが、

 

皆さんお変わりございませんでしょうか?

 

8月の日射量は外壁面より屋根の方が

 

圧倒的に多いと言われています。

 

真夏の太陽の位置が高いためで、

 

屋根の表面温度は50℃~55℃と

 

高温になります。

 

その熱が屋根裏に進入し、

 

2階の寝室や子供部屋を暑くし

 

エアコンに頼らないと暑くて

 

眠れない夜が続きます。

 

これが熱帯夜です。

 

 

 

屋根だけでなく東の外壁は朝陽が照り付け、

 

夕方は西面と北面には

 

西日が燦燦と照り付けるため、

 

東西や北面に大きな窓を設置すると

 

真夏の陽射しがガラスから侵入し、

 

室温を上げてしまいます。

 

 

 

 

 

ですから弊社営業設計部では

 

東西や北面は窓を小さくし

 

真夏の日射侵入量を減らす(夏は涼しく)

 

ようなプランを作成します。

 

そうする事で、逆に真冬は冷気の侵入を減らし、

 

暖気の流出を防止(冬は暖かく)します。

 

 

 

 

そして南面は大きな掃き出し窓を設置し、

 

冬の暖かい陽射しを取り込む事で

 

真冬のリビングは暖かくなります。

 

 

 

なるべくエアコンや床暖房などに

 

頼らない家づくり、プランニングする事を

 

パッシブデザインと言います。

 

 

 

パッシブデザインの事なら丸尾建築まで。

 

営業設計部の松本でした。

 

~姫路市で注文住宅を建てるなら、地域no.1の実績1400棟「丸尾建築へ」~

writer この記事を書いたスタッフ

松本 康

営業設計部

松本 康 MATSUMOTO YASUSHI

このスタッフのおすすめ記事

TOP