丸尾スタンダード

丸尾建築が考える家づくり

お客様の現在とこれからを一緒に考えた、末永く暮らしていける住まいのカタチ。
「家を長持ちさせる為には、構造がしっかりとしていなければならない」という創業以来からのこだわりから
安心して暮らせる住まいをつくることを追求した家づくりの方法、それが「丸尾スタンダード」です。

ひのきで建てる家、それが丸尾建築で建てる家です。

木材へのこだわりイメージ

木の家づくり工務店の丸尾建築では、自然の素材を用いた家づくりを提案します。
木は森林浴などで自然と触れ合うと癒されるように、木には心身を心地よくしてくれる効果があり、
特に耐久性に優れたひのきは、日本古来から親しまれてきた材料です。
丸尾建築で使用するひのきは、JAS規格による最高品質の『無垢の国産の乾燥ひのき』です。
心と体を癒す空間を作るだけでなく、素材にこだわる家づくりをします。

伝統工法で建てる、しなやかで強い家

構造へのこだわりイメージ

日本古来の伝統的な工法である、柱、梁、筋交いの軸組で構成する『木造軸組み工法』で、
耐久性に優れた、しなやかで強い家をつくります。
木の良さを最大限に活かした家づくりをするためには土台となる基礎も重要です。
丸尾建築では頑強な基礎を実現するために、剛強な鉄筋コンクリート造の『ベタ基礎』を採用しています。
面で支えるため、建物の重さを分散させることができ、点で支える布基礎工法よりも耐震性がアップします。
使用する鉄筋は太さは13mm、主筋と呼ばれる部分には16mmを使用し、
鉄筋の大きさや間隔は、通常の住宅メーカーと比較すると約2倍の鉄筋量を使用して、基礎を仕上げます。

季節の変化に合わせて、快適に暮らせる住まい。

断熱 ・ 遮熱へのこだわりイメージ

季節の変化に合わせて、快適に暮らせることも重要です。
丸尾建築の建てる家は、「夏は涼しく、冬は暖かい」1年を通して快適に過ごせる、冷暖房の使用を減らすエコ住宅です。
屋根や壁(内・外)、サッシなどの仕様にこだわり、住まいの断熱性能・省エネ性能を上げることに加えることで、
丸尾建築はZEH対応の住まいづくりを行っています。

本物の無垢材で、素足で感じる木の心地よさ

自然素材へのこだわりイメージ

木の優しい香りに包まれて、一年中裸足で暮らせる心地よさ。
無垢材の床にこだわる理由は、これから永く住まわれるお家では出来るだけリラックスして過ごして頂きたい、
家の中に居ながらにして自然を感じ、体にも心にも優しい場所であり続けてほしいからです。
丸尾建築の建てる家は、丸尾オリジナルの床材が標準装備。
凸凹の足触りが気持ちいいスクラッチ加工や、自然塗料で仕上げた豊富なラインナップからお選び頂いています。

お家の中の空気環境にこだわる家作り

きれいな空気へのこだわりイメージ

意外とお家の中で過ごす時間は一日のうちでも長いもの。
そして、その時間は生活するうえで、休息したり睡眠を取ったりと大切な時間です。
もし大切な時間を過ごす家の中の空気が汚れていたら・・・、さまざまな体のトラブルを引き起こしてしまいます。
そうならないためにお家のなかの空気環境にこだわります。