地震に強い家

新潟中越地震・東日本大震災・熊本地震において、
SE工構法で建てられた建築の地震による
倒壊はゼロ

熊本地震 0/41棟・東日本大震災 0/約4,500棟・新潟中越地震 0/33棟

「阪神淡路大震災」をきっかけに生まれた、
地震国日本を安全・安心 に暮らしていくための耐震構法、それが「SE構法」です。
地震に負けない屈強なSE構法と確かな品質の家づくり

重量木骨の家
耐震構法 SE構法

全国わずか約60社、選ばれた工務店のみが
建てられる注文住宅 「重量木骨の家」。
ベースは、日本の暮らしに馴染む木の家。
一棟ごとに行われる厳密な構造計算によって、
大地震や台風に耐える強靭さと、
大空間や吹き抜けなどの自由な設計を、
同時に叶えることができます。

3つの特徴

  • 震度7の地震でも倒壊しない
    高強度の構造体

  • 一般の木造住宅では不可能な
    地中熱利用換気システム

  • リフォームが容易な構造だから
    ライフスタイル変化に対応

SE構法の技術 - 「木+金属」という安心

EARTHQUAKE RESISTANT HOUSE.1 接合部を強化した堅牢なラーメン構造

柱や梁そのものを互いに剛接合し構造躯体で建物を支える構造を、「ラーメン構造」といいます。
SE構法は接合部を強化した堅牢なラーメン構造。

強度の高い集成材の接合部に、独自の金物を用います。
これにより、在来の軸組工法と比較して、断面欠損の少ない強固な接合部を生み出します。

接合部分が強靭であることにより、柱と梁のみで揺るぎない強度の骨組みを生み出すことができ、
大開口・大空間のデザインも安全に実現することも可能になりました。

SE構法モデルハウス

キッズスペースもご用意しておりますので、是非お気軽においでください。

SE構法だからこそできる空間デザイン